【任天堂スイッチ】電源を入れても起動しない、本体液晶画面に映像が映らないときの原因と対処方法

任天堂が2017年3月3日に発売した家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。タブレット端末のような形状が魅力的、本体とその左右にコントローラーが付け替え可能で、持ち出して遊ぶこともできるハイブリッドなゲーム機です。さらにテレビでも遊ぶ事が可能でドックに置くだけで自動でテレビに映り、家族で楽しむことができます。

しかし任天堂Switch本体の電源を入れても画面になにも映らない故障、原因、対策方法を紹介します。

任天堂Switchの本体液晶画面に映像が映らない時の原因や対処方法

任天堂Switchは「いつでも、どこでも、誰とでも」遊べるゲーム機であると言われているように、従来のテレビの前だけでなく、ドックから取り出して携帯型ゲーム機のように持ち出して遊ぶことができます。複雑なことは必要なし、本体のみ持ち出しするだけでOK

しかし任天堂Switch本体をドックから取り出しても本体液晶画面にゲーム画面が映らないときがあります。原因は次のようなケースが考えられます。

原因一つ 内部バッテリー残量切れ

任天堂Switchは専用のドックがあり、本体をドックに置くだけ自動で充電されますが、本体がしっかりドックに差し込まれておらず、バッテリーの充電が切れている場合があります。

対処方法

任天堂Switch本体にACアダプターを接続して充電します。充電中は、本体画面に充電中を示すアイコンが表示されます。FULL充電されるまでは約3時間かかります。

原因二つ Switch本体がスリープ状態のままになっている

任天堂Switchはパソコンやスマホなどのように、スリープ状態にすることができます。こうすることで消費電力を抑えることができるだけでなく、早くゲームを再開することができます。任天堂公式でも本体の電源を完全に切るよりも、遊び終わったらスリープにしておくことを推奨しています。

対処方法

Switch本体の電源ボタンを軽く押すことでスリープ、あるいはスリープを解除することができます。本体がスリープ状態になっていなかどうかをチェックします。電源ボタンの押す際の感度があんまりないですが、軽く押す感覚で大丈夫です。

原因三つ 電源が完全にOFFの状態かもしれない

原因一つ目でも伝えておりますが、遊び終わり、そのままドックに置くが、任天堂Switch本体がドックに差し込まれてない状況で、バッテリーの残量がなく、立ち上がらないケース、又は強制的に電源を切ってしまい電源が入らないケース(任天堂Switchは12秒間長押し強制的にOFFにする機能があります。)

対処方法

Switc本体が充電されていることを確認した上で、電源ボタンを長押しすることで本体が起動します。(10分程充電するとSwitc本体起動可能)10分を経過しても充電されない場合はACアダプターの確認、ドックに差し込み、再度充電確認します。10分経過しても充電されない場合はバッテリー故障又は基板故障となりますので、修理が必要となります。

コメントを残す

×